関東ツーリングクラブ NSGG

関東周辺が活動域のツーリングクラブです。マッタリツーリングがお好きな方、リターンライダー、初心者ライダーなどバイク好きはみんな集まれ!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ツーレポ】2014北海道キャノンボールツーリング その1

NSGG的
北海道キャノンボールツーリング2014

ツーリングレポート ~その1~


20140810-19.jpg







【プロローグ】


今年も行ってきました『北海道』


NSGG発足以来
今年で5回目となる北海道ツーリング!

もともとは,
とあるバイク雑誌の特集
「4日間あれば,東京から北海道の往復ツーリングができる」
といった内容の記事を実践してみたことが始まりであり,
2005年に2名のメンバーが
3泊4日(内,船中2泊,道内1泊)
まさしく「キャノンボール的北海道ツーリング」をやってのけたのであった。

その後,回を重ねるごとに参加メンバーは増え,
第2回目からは,4泊5日(船中2泊,道内2泊)が
定例化することとなる。

第2回(2006年):3名参加
第3回(2007年):5名参加
第4回(2013年):6名参加


そして今年。
2014年は7名の隊員(いつから隊員?)が
日本最北端に立つ日本人となるべく
宗谷岬を折り返し地点として
出発することとなった。


本レポートは,
日本最北端を目指すNSGG精鋭部隊による
愛と感動の物語である。




20140810-33.jpg








NSGG的北海道キャノンボールツーリング
2014概略ルート


【1日目】2014.8.8(金)
一関IC ⇒ 花巻(昼食)⇒ 乳頭温泉 ⇒ 八幡平 ⇒ 八戸 ⇒フェリー乗船




【2日目】2014.8.9(土)
苫小牧FT ⇒ 幾寅駅 ⇒ 麓郷 ⇒ 吹上露天の湯 ⇒

青い池 ⇒ ケンメリの木 ⇒ 旭川 ⇒ 士別(宿泊)




【3日目】2014.8.10(日)
士別 ⇒ ⇒ 名寄ひまわり畑 ⇒ オトンルイ風力発電 ⇒

北緯45度の碑 ⇒ 宮ノ台展望台 ⇒ 稚内 ⇒ 宗谷丘陵 ⇒

宗谷岬(最北端) ⇒ エサヌカ線 ⇒ クッチャロ湖 ⇒ 美深

旭川(宿泊)



【4日目】2014.8.11(月)
旭川 ⇒ 富良野(北の国から資料館・唯我独尊) ⇒

日高 ⇒ 門別(温泉) ⇒ 苫小牧東FT ⇒ フェリー乗船




【5日目】
終日フェリー ⇒ 新潟FT ⇒ 解散







NSGG的北海道キャノンボールツーリング
2014
ツーリングレポート




【0日目】

回の北海道上陸にいたっては、
昨年(第4回)同様,大きく3つのグループに分かれた。

1グループ:UEさん夫婦
2グループ:鯛さん、てっちゃん、たるさん
3グループ:hashiさん、ライチ


UEさん夫婦は、奥様が大阪からの渡道ということと、
UEさんのタンデマーとしての参加ということで、
飛行機で北海道へ前日入りしている。
これについては昨年同様である。



2グループの鯛さん・てっちゃん・たるさんは、
1日目の東北地方縦断にかかる長距離を分割すべく、
前々日より、北東北地方を満喫。

この2グループによるツーレポは以下URLより参照されたい。

キャノンボールV 先発隊 東北縦断~大間~函館~苫小牧 (文責:鯛)   









【1日目】2014.8.8(金)

3グループであるhashiさん・ライチコンビは、
ETC深夜割引(30%割)の恩恵をうけるべく、
朝4時に東北自動車道 蓮田SAに集合し、
第4回時のリベンジを果たすべく,
昨年同様のルートをあえて選択。
東北の秘湯「乳頭温泉・鶴の湯」を目指し
北上することとなった。



20140808-1.jpg
ライチの自宅出発はAM2:28!
別にこんな早く出発せずとも,十分間に合うのだが,
とにかく気が急いて,出発してしまった・・・
このあと,バッテリー端子が緩んでいる ただそれだけのことで,
5日間苦難の旅となる
ことを,このときはまだ知る由もない・・・





20140808-2.jpg
東北道蓮田SAにてhashiさんと無事合流。
出発予定時刻より30分も早いのですが,とにかく出発~





20140808-3.jpg
途中,時間調整をしながら,
花巻にあるスープカレー屋「しっぽ」に到着。
ここは昨年も訪問し,その美味さに惹かれ,
今年もやってきてしまったのである。




20140808-4.jpg
ホントかウソか,1日10食限定のメニューを注文。
hashiさんも同じなので,開店と同時にあと8食となってしまっている「しっぽ」。





20140808-5.jpg
昨年,辛さ80倍を注文して,大失敗をしたhashiさん。
今年はその教訓を生かし,辛さ20倍を注文。
大満足の味だったようだ!






20140808-6.jpg
昼食後は,昨年の洪水大災害の地「雫石」を通過し,
秘湯中の秘湯,乳頭温泉「鶴の湯」を満喫!





20140808-7.jpg
文明をあえて置かないたたずまいが良い!





20140808-8.jpg
宿泊もできますが,おそらくかなり先まで予約で一杯だろう。
部屋もすこぶる質素で,裸電球と囲炉裏しかない部屋のようだ。





ちなみに,女性が一人だけ混浴されていました
(もちろん,お連れの男性がいましたが)


どうして,「女性」というだけで
私はドギマギしてしまうのでしょう・・・





c1425e20.jpg





・・・ほっとけ!









20140808-9.jpg
小雨が降りしきり,気温13℃を切るなか,
八幡平までやってきました。





20140808-10.jpg
hashiさんはここで,電波状況が悪い中
すでに苫小牧に到着しているというUEさんにメール中。





20140808-11.jpg
八戸で給油&いつもの八食センターに立寄り,
バイク,ライダー共に栄養を与えた後,
八戸フェリーターミナルにやってきました。



途中から小雨が降り続けましたが,
特にトラブルもなく(このときまでは),
東北地方を満喫しながら,八戸到着。


ところが!
フェリーに乗り込むや否や鯛さんからのメールを受信!


「帰りのフェリー,欠航決定」




265070561.jpg






帰るあてもないのに,行きのフェリーに乗り込んだ
hashi隊員&ライチ隊員


その運命やいかに・・・!





つづく

(文責:ライチ)
スポンサーサイト

| ツーレポ | 14:55 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

キャノンTR

ライチさん

面白いデス!

| たる | 2014/09/08 14:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT